お問い合わせ:電話 078−325−1585
診療時間:平日9:30〜18:00、土曜日9:30〜12:30、休診:日曜祝日

神戸市中央区北長狭通2−5−9 グランドプラザトーアビル4階

内視鏡検査:痛くない大腸カメラ・胃カメラ

点滴療法:より良い健康をめざす

栄養解析:あなたに必要な栄養素は何か

バイオアイデンティカルホルモン

点滴療法

当クリニックは、点滴療法研究会に所属し次の点滴療法を行っています。


高濃度ビタミンC点滴療法
マイヤーズカクテル点滴療法
グルタチオン点滴療法

これらの治療を希望される方は予約が必要です。お電話でご予約下さい。

高濃度ビタミンC点滴療法

ビタミンCには抗酸化作用、免疫アップ効果があることは良く知られていますが、そのビタミンCを点滴投与することで経口摂取では達成できないレベルに血中濃度を高めます。
最初はビタミンC25gから点滴を始め、50g、75gなどへと増量します。血液中のビタミンC濃度を測定し、投与するビタミンCの理想的な投与量を決定します。典型的な例では週に2回の点滴で6ヶ月間継続、その後の経過が良ければ週1回を6ヶ月、さらに2週に1回を1年間、その後は月に1回行います。ビタミンCの量と点滴頻度は病状によって変えていきます。なお、この治療を続けることにより免疫システムの増強、ガン性疼痛の軽減、食欲の改善や体調の改善が期待できます。
ただし、G6PD欠損症という赤血球膜の遺伝性酵素異常がある方はこの治療を受けることができません。初回にG6PD欠損症の有無をチェックさせていただきます。もし、以前に検査をされていて結果の用紙をお持ちの方は再検査は不要です。

マイヤーズカクテル点滴療法

米国のジョン・マイヤーズ医師により開発された点滴療法です。ビタミンB1,B2,B3,B5,B6,B12,ビタミンC、グルタチオン、マグネシウムなどの点滴製剤を使います。気管支喘息、偏頭痛発作、全身倦怠・疲労、慢性疲労症候群、線維筋痛症、こむら返り、急性上気道炎、慢性副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、慢性蕁麻疹、甲状腺機能亢進症、心不全、狭心症、生理不順などに効果が期待されます。

グルタチオン点滴療法

グルタチオンは人体の免疫系において重要な役割を担うペプチドの一種ですが、20代をピークに次第に減少して行きます。強力な抗酸化作用・解毒作用・疼痛緩和などの働きがあり、アメリカではパーキンソン病・末梢神経障害・原因不明の全身倦怠感等の疾患に対して行われています。


いずれも、医療保険外の自由診療になります。